AROMATIC MLD

リンパドレナージュ

アロマティックMLD ~リンパドレナージュ~

MLD(ボダー式マニュアル・リンパドレナージュ)とは、皮下にあるリンパ管を刺激することにより、リンパ系の働きを高め、老廃物を排出させ、新陳代謝をよくすることを目的としたリンパマッサージの手法です。

マニュアル・リンパドレナージュはフランスで1930年代にDr.ボダー夫妻によって開発され、ヨーロッパの病院などでは、正統派のリンパドレナージュとして浮腫(むくみ)や、やけど跡の治療に使われています。

TAOではアロマセラピートリートメントで筋肉のこりやはりをほぐし血行をよくした後、MLD(ボダー式マニュアル・リンパドレナージュ)のテクニックでリンパの流れを促し、老廃物を排出させ体内を浄化します。

2つのテクニックを組み合わせることにより、リンパ系の働きが弱いむくみ体質の方、また新陳代謝がよくない方には、より一層の効果を感じていただけると思います。

無農薬オーガニック栽培・野生のエッセンシャルオイルと上質なゴールデンホホバオイルを使用して、その日のお客様の状態にあわせたブレンドオイルをおつくりし、施術いたします。

MLD(マニュアル・リンパドレナージュ)とは?

MLD(マニュアル・リンパドレナージュ)は直接皮下にあるリンパ管に働きかけます。皮下にあるリンパ管をつぶさないようにリンパの流れにあわせゆっくりとリズミカルにやさしく行うので痛みは感じさせません。

リンパドレナージュの”ドレナージュ”とは”排水”という意味です。まず頚部のリンパを排出させきれいにします。その後、各部位のリンパの流れの方向に従ってリンパを集め、最終的に血液にもどすことできれいなリンパでからだを満たすことができます。

リンパ系とは?

リンパ系とはリンパ管やリンパ節などからなるネットワークでからだ中にはりめぐらされている浄化システムです。

 

リンパ液はリンパ管の中を流れ、鼠径部や頚部にあるリンパ節で濾過され、最終的には鎖骨下の大静脈に入って血液に戻ります。

 

リンパ節では免疫反応に重要な役割を果たすリンパ球などが作られており、リンパ液中の細菌や死んだ細胞などが除去されます。

MLD(マニュアル・リンパドレナージュ)に期待されること

  • リズミカルに繰り返すMLD(マニュアル・リンパドレナージュ)の手技は、催眠術にかかったようなリラックス効果を与えます。
  • 免疫を正常化します。
  • むくみによる重だるさが解消されます。
  • 老廃物を排出するデトックス作用があります。
アロマセラピー説明 AROMATHERAPY AROMATIC HEAD REFLEXOLOGY